​当院の概要

名称

愛南町国保一本松病院

住所

〒798-4408 愛媛県南宇和郡愛南町一本松5056番地2

開設年月

昭和29年7月6日

開設者

愛南町長

電話番号

0895-84-2255

FAX番号

0895-84-3195

病床数

療養病床 医療型 60床

診療科目

内科 / 外科 / リハビリテーション科

職種別職員数

医師 常勤2名 (非常勤1名) / 薬剤師 1名 / 看護師 19名 / 准看護師 2名 / 理学療法士 2名 / 言語聴覚士 1名 / 臨床検査技師 2名 / 管理栄養士 1名 / 診療放射線技師 1名 / 事務職員 4名 / その他職種 臨時職員 22名

役職者の職・氏名

開設者:愛南町長 清水 雅文 / 管理者:院長 加洲 保明 / 事務部門の長:事務長 赤松 邦彦 / 看護部門の長:看護師長 内倉初代

基本理念

信頼される病院 患者様中心の医療介護 地域への貢献 職員の自己研鑽

基本理念

安全管理の徹底 利用者中心の医療・介護の確立 地域医療の確保 医療・介護水準の向上 健全経営の確保

​当院の沿革

昭和29年

愛南町国保一本松病院

昭和30年

「一本松村直営診療所正木出張所」開設 増床22床

昭和32年

「国保一本松病院」に改名、産婦人科1年のみ診療

昭和34年

第2病棟増設される。46床となる。X線レントゲン機器導入

昭和36年

給食棟新設される

昭和38年

「正木出張所」の常駐医師を廃止

昭和39年

「正木出張所」への出張診療を開始

昭和40年

歯科診療を中止

昭和41年

医師住宅2棟建設(広見)

昭和42年

医師住宅1棟建設(増田)

昭和55年

新病院改築工事始まる

昭和56年

愛媛大学医学部第二外科より医師の派遣を受ける / 正木診療所を休止。新病院で診療始まる、90床

昭和61年

レセプト用コンピュータ導入

昭和63年

全身用CTスキャナ導入

平成07年

一般病床 70床

平成09年

一般病床 40床

平成11年

40床すべて一般病床から療養病床へ

平成13年

療養病床 60床とする

平成16年

町村合併により「愛南町国保一本松病院」と改名

平成18年

内海診療所を併合 / 国保一本松病院の60床すべてを医療型療養病床へ

平成22年

FileMaker(ファイルメーカー)による独自電子システムを開発導入

Copyright (C) 2020 KOKUHO IPPONMATSU Hospital, All Rights Reserved.