医師について

加洲 保明(医院長)

充実した医療サービスをめざし、町民の皆さまに信頼される医療を提供していきたいと思います。

当院は旧一本松町の唯一の病院として、地域医療に貢献して参りました。しかし、時代と共に医療が高度化する中での医師不足のため、平成13年からは3名の医師が60床を担当する療養型病院として現在に到っております。


幸い近くに県立南宇和病院があり、急性期の患者・重症患者は県立南宇和病院、慢性期の患者は当院で入院・療養との機能分担がなされてきました。


しかし、最近は南宇和郡のみならず南予地域全体で医師不足の状態です。このため、医療圏を広くとらえ、地域医療機関との適切な機能分担と密接な連携を通じて、充実した医療サービスをめざし、町民の皆さまに信頼される医療を提供していきたいと思います。


今後も町民の皆さん方の一層の御理解と御支援、御協力を切にお願い申し上げます。

嶋本 純也(副医院長)

総合診療科(かかりつけ医)として小さなお子さんからご高齢の方まで幅広く診療致します。

【地域の方へ】
総合診療科(かかりつけ医)として小さなお子さんからご高齢の方まで幅広く診療致します。スーパードクターのように目立った技術はございません。専門科をよく問われますが、一人の個人としての「あなた」の専門です。
皆様もお住いの近くでかかりつけの医師を是非作りましょう。

【医学生、研修医、医師の方へ】
当院では外来診療、療養を中心とした60床の病棟管理、小外科、上部内視鏡検査、学校医、定期訪問診療、グループホーム回診、障害者施設回診、産業医回診を行っております。
私自身、地域医療を実践しながら世界基準の勉強を行うためにオンラインで米国大学院公衆衛生プログラム(年数回は渡米)で勉学に励んでおります。
年齢や職種に問わず、米国留学もしくは在日本米国海軍病院に興味がある方などは是非見学にいらして下さい。2018年現在の日本の医学教育システムを勘案すると大学や大きな病院では学校医、訪問診療、在宅の看取りの仕方は学ぶ機会が少ないかもしれません、ぜひ愛南町にお越しください。

上原 達也

Copyright (C) 2020 KOKUHO IPPONMATSU Hospital, All Rights Reserved.